>その胃の痛み、ガンかもしれません

胃痛の中でも要注意なのがガンです。今は自宅でも簡単にガンの検査が可能です。

>男性特有のガンをチェック

ガンにも男性特有のもの、女性特有のものがあり、それぞれ自宅検査が可能になってきています。

>女性特有のガンをチェック

女性特有のガンも自宅検査が可能です。

>万病の元、メタボリックシンドローム

胃痛の大元をたどれば、メタボリックシンドロームに端を発していることだってあります。

 

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜症状なし

胃腸の病気には様々な症状がありますが、中には全く無症状のものもあります。そういうものの多くは、別に健康上問題ないので治療の必要がないものも多いようです。




食道憩室


食道に袋状の突起物が発生する病気であるが、健康上の問題はないとされるため治療されることなく放置される。





胃ポリープ


ポリープが胃壁にできることを指すが、大腸の場合と違ってガン化することはまずないと言われている。そのため、通常は経過観察のみ。





大腸ポリープ


ポリープの段階では、深刻な胃腸の病気とまではいえないが、胃ポリープと違い、ガン化することがあるので注意が必要。発見されれば良性か悪性かを検査したうえで経過観察か切除(手術or内視鏡)かの処置がとられる。
その他の症状:血便。





胃粘膜下腫瘍


胃ガンや胃ポリープは胃の粘膜のところにできる腫瘍であるが、これは胃の粘膜の下の筋肉層のところにできる腫瘍。ほとんどの場合は症状も出ないため気づかず、発見されても良性の場合が多い。
症状:特になし。




ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜その他の症状

胃腸の病気〜胸部の痛み


食道ガン


熱いもの、刺激物、過度のアルコールなどが原因で食道にできるとされるガン。胃腸にできるガンとしては有名だが頻度は少ない。手術や放射線での治療となる。予防策は刺激物の摂取を控える、禁煙するなど。




胃腸の病気〜食欲不振


胃ガン(胃がん・胃癌)


胃腸の病気としては誰もがすぐに思い浮かべる病気。早期だと自覚症状のないガンだけに、ちょっとした症状が気になるなら早急に胃腸の専門医の診断を受診する必要がある。予防策としては、定期的な健康診断、暴飲暴食を控え、こげた食品は食べないようにするなど。
その他の症状:腹痛、腹部不快感、体重減少、貧血。




胃腸の病気〜貧血


胃ガン(胃がん・胃癌)


胃腸の病気としては誰もがすぐに思い浮かべる病気。早期だと自覚症状のないガンだけに、ちょっとした症状が気になるなら早急に胃腸の専門医の診断を受診する必要がある。予防策としては、定期的な健康診断、暴飲暴食を控え、こげた食品は食べないようにするなど。
その他の症状:腹痛、腹部不快感、体重減少、食欲不振。




大腸ガン(大腸がん、大腸癌)


日本人の胃腸の病気は胃ガンが有名だが、最近は大腸ガンも増加傾向にある。ガンができる場所により症状が違うので、一律な判断はできない。一旦発見されたら手術など外科的治療が必要である。野菜などで食物繊維を多く摂る、運動を心がける、定期健診を受けるなどの予防策を講じておくことが大事。
その他の症状:腹痛、下痢、血便、便秘、体重減少、倦怠感。





胃腸の病気〜のどのつっかえ


食道ガン


熱いもの、刺激物、過度のアルコールなどが原因で食道にできるとされるガン。ちょっとした大きさのものを飲み込む際、のどにつっかえるような感じの症状が出ることがある。胃腸にできるガンとしては有名だが頻度は少ない。手術や放射線での治療となる。予防策は刺激物の摂取を控える、禁煙するなど。



ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜体重の減少

食道ガン(食道がん、食道癌)


熱いもの、刺激物、過度のアルコールなどが原因で食道にできるとされるガン。胃腸にできるガンとしては有名だが頻度は少ない。手術や放射線での治療となる。予防策は刺激物の摂取を控える、禁煙するなど。





胃ガン(胃がん・胃癌)


胃腸の病気としては誰もがすぐに思い浮かべる病気。体重減少という症状が自覚されている段階ではすでに相当程度の進行が予想されるため、早急に受診しないとならない。予防策としては、定期的な健康診断、暴飲暴食を控え、こげた食品は食べないようにするなど。
その他の症状:腹痛、腹部不快感、食欲不振、貧血。





大腸ガン(大腸がん、大腸癌)


胃腸の病気といえば胃ガンであったが、最近は大腸ガンも急激に増えてきている。ガンができる場所により症状が違うので、一律な判断はできない。野菜などで食物繊維を多く摂る、運動を心がける、定期健診を受けるなどの予防策を講じておくことが大事。
その他の症状:腹痛、下痢、血便、便秘、倦怠感、貧血。





腸結核


結核菌が腸内に進入し、炎症を起こすことで潰瘍ができる病気。高齢者、糖尿病、腎不全患者に多い。肺結核が有名であるが、必ずしも肺結核を伴わず、腸結核だけであれば他人に感染することもないとされる。治療は投薬治療を半年程度が目安であるが、症状、程度、合併症の有無などにより異なってくる。
その他の症状:腹痛、下痢、血便、発熱、体重減少。


ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜胸焼け

逆流性食道炎


胃液が食道に逆流することで食道が炎症を起こす病気。潰瘍になっていることもある。食べすぎが原因になることも多いので、日常生活を改善し、胃腸に負担をかけないようにする必要がある。





食道潰瘍


文字通り、食道に潰瘍ができる病気。逆流性食道炎がきっかけになることが多い胃腸の病気。これも胃腸に負担がかからないように、暴飲暴食を慎む必要がある。





胃リンパ腫


胃のリンパに腫瘍ができる病気で、非常に稀な病気であるが、死に至ることもある悪性疾患。潰瘍ができる場合は比較的診断は簡単であるが、必ずしも一様ではなく、診断は、医師でも相応の知識を必要とする病気。症状も病気の型により出たり出なかったりであるが、出る場合は腹部の痛み、胸焼けなどである。治療は手術による胃の切除か、場合によってはピロリ菌の除菌で治癒するケースも認められる。
症状:腹痛。

ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜下痢・血便

胃潰瘍


胃腸の病気の代表格。胃が、自身の胃液により傷つけられ、くぼみ(潰瘍)ができる病気のこと。場合によっては多めの出血を伴うこともあり、吐血、血便などの症状が出る場合もある。また、穴が開くまでの重症であれば手術対象となる。他の胃腸の病気同様に、ストレス、タバコ、アルコールが原因なので、日常生活で注意する必要がある。稀に鎮痛剤が原因のこともある。
その他の症状:腹痛、腹部不快感、吐き気、吐血。





急性大腸炎


風邪や細菌が原因で腸に炎症が起る胃腸の病気。内服薬での治療となるが、程度によっては入院も。
その他の症状:腹痛、嘔吐、発熱。





過敏性腸症候群


自律神経異常が原因で発生する腸機能の異常。下痢や便秘、あるいは下痢と便秘を交互に繰り返すなどの症状がでる。
その他の症状:便秘、腹痛、膨満感





潰瘍性大腸炎


珍しい胃腸の病気。20代に多いとされる大腸の炎症で、直腸やS字結腸に発生する。原因不明の場合が多い。重度の場合を除いては内服薬で治療される。





クローン病


あらゆる消化管に起る炎症だが、原因はよくわかってない。10代、20代に多い病気。腹痛や血便、ぢなどの症状があり、主に薬での治療となる。
その他の症状:腹痛、発熱、ぢ。





大腸ポリープ


ポリープの段階では、深刻な胃腸の病気とまではいえないが、胃ポリープと違い、ガン化することがあるので注意が必要。発見されれば良性か悪性かを検査したうえで経過観察か切除(手術or内視鏡)かの処置がとられる。
その他の症状:症状はない場合が多い。





大腸ガン(大腸がん、大腸癌)


胃腸の病気といえば胃ガンであったが、最近は大腸ガンも急激に増えてきている。ガンができる場所により症状が違うので、一律な判断はできない。野菜などで食物繊維を多く摂る、運動を心がける、定期健診を受けるなどの予防策を講じておくことが大事。
その他の症状:腹痛、便秘、体重減少、倦怠感、貧血。





結腸憩室炎


結腸にできた憩室に炎症ができること。炎症を治めるために抗生物質が使われる。
その他の症状:腹痛。





腸結核


結核菌が腸内に進入し、炎症を起こすことで潰瘍ができる病気。高齢者、糖尿病、腎不全患者に多い。肺結核が有名であるが、必ずしも肺結核を伴わず、腸結核だけであれば他人に感染することもないとされる。治療は投薬治療を半年程度が目安であるが、症状、程度、合併症の有無などにより異なってくる。
その他の症状:腹痛、発熱、体重減少。



ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜吐き気、嘔吐

急性胃炎


胃腸の病気としては一般的ともいえる病気で通常は数日で症状は快方に向かう。現象としては、胃がただれる状態。稀に薬の鎮痛剤が原因のこともあるが、多くの胃炎はストレスや暴飲暴食が原因。タバコをやめる、お酒を慎むなど、日常生活の改善が大切。





慢性胃炎


これも胃腸の病気としては一般的。ストレスや暴飲暴食で胃の粘膜がただれた状態になる、あるいは胃の粘膜が萎縮した状態が断続的に繰り返される胃炎のこと。内服薬での治療となる。





胃潰瘍


胃腸の病気の代表格。胃が、胃液により損傷を受け、くぼみ(潰瘍)ができる病気のこと。比較的多めの出血を伴うこともあり、吐血、下血などの症状が出る場合もあり、穴が開くまでの重症であれば手術対象となる。他の胃腸の病気同様に、ストレス、タバコ、アルコールが原因なので、日常生活で注意する必要がある。稀に鎮痛剤が原因のこともある。
その他の症状:腹痛、腹部不快感、血便。





腸閉塞


腸内の内容物が何らかの原因で通過できない状態になること。原因は複数あり、運動障害が原因のもの(機能性腸閉塞)、腸捻転や腸重積が原因のもの(絞束性腸閉塞)、大腸ガンや重度の便秘が原因のもの(閉塞性腸閉塞)がある。
その他の症状:便秘、腹部膨満感。





急性大腸炎


腸に炎症が起る病気。胃腸の病気として名前が出てくることは比較的少ない。風邪や細菌が原因。内服薬での治療となるが、程度によっては入院も。
その他の症状:腹痛、下痢、発熱。





急性虫垂炎


いわゆる盲腸。胃腸の病気として有名だが軽く見られがちであり、注意が必要。みぞおち辺りから痛み、少しずつ腹部右下に痛みが移動していく場合がある。主に手術での治療となるが、時に抗生物質を投薬しての治療となる場合もある。
その他の症状:腹痛

ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜腹痛、腹部不快感(膨満感など)その5

胃腸の病気の症状としては代表的なものになります。
単に腹痛といってもその症状は様々で、胃腸の病気であってもいろんな腹痛の種類があります。
腹痛の際のポイントとしては、『お腹のどこが痛いのか?あるいは、場所が自覚できない腹痛なのか?』、『急激な腹痛か?』、『食事の前後で変化はあるか?』、『継続的な腹痛か、断続的な腹痛か?』、などが挙げられます。





結腸憩室炎


結腸にできた憩室に炎症ができること。発熱を伴った腹痛が症状として表われる場合もある。炎症を治めるために抗生物質が使われる。
その他の症状:血便。





急性虫垂炎


いわゆる盲腸であり、胃腸の病気として有名。みぞおち辺りから痛み、少しずつ腹部右下に痛みが移動していく場合がある。主に手術での治療となるが、時に抗生物質を投薬しての治療となる場合もある。





骨盤腹膜炎


骨盤内に炎症ができた状態。盲腸などの炎症が原因の場合が多い。手術が必要。





腸結核


結核菌が腸内に進入し、炎症を起こすことで潰瘍ができる病気。高齢者、糖尿病、腎不全患者に多い。肺結核が有名であるが、必ずしも肺結核を伴わず、腸結核だけであれば他人に感染することもないとされる。治療は投薬治療を半年程度が目安であるが、症状、程度、合併症の有無などにより異なってくる。
その他の症状:下痢、血便、発熱、体重減少。





胃リンパ腫


胃のリンパに腫瘍ができる病気で、非常に稀な病気であるが、死に至ることもある悪性疾患。潰瘍ができる場合は比較的診断は簡単であるが、必ずしも一様ではなく、診断は、医師でも相応の知識を必要とする病気。症状も病気の型により出たり出なかったりであるが、出る場合は腹部の痛み、胸焼けなどである。治療は手術による胃の切除か、場合によってはピロリ菌の除菌で治癒するケースも認められる。
症状:胸焼け。


ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜腹痛、腹部不快感(膨満感など)その4

胃腸の病気の症状としては代表的なものになります。
単に腹痛といってもその症状は様々で、胃腸の病気であってもいろんな腹痛の種類があります。
腹痛の際のポイントとしては、『お腹のどこが痛いのか?あるいは、場所が自覚できない腹痛なのか?』、『急激な腹痛か?』、『食事の前後で変化はあるか?』、『継続的な腹痛か、断続的な腹痛か?』、などが挙げられます。




過敏性腸症候群


腸の働きが異常になること。多くの場合、自律神経に原因があると考えられている。下痢や便秘、あるいは下痢と便秘を交互に繰り返すなどの症状がでる。内服薬での治療が基本。
その他の症状:便秘、下痢。




クローン病


あらゆる消化管に起る炎症だが、原因はよくわかってない。10代、20代に多い病気。腹痛や血便、ぢなどの症状があり、主に薬での治療となる。
その他の症状:下痢、血便、発熱、ぢ。




大腸ガン(大腸がん、大腸癌)


胃腸の病気といえば胃ガンであったが、最近は大腸ガンも急激に増えてきている。ガンができる場所により症状が違うので、一律な判断はできない。野菜などで食物繊維を多く摂る、運動を心がける、定期健診を受けるなどの予防策を講じておくことが大事。
その他の症状:下痢、血便、便秘、体重減少、倦怠感、貧血。



ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜腹痛、腹部不快感(膨満感など)その3

胃腸の病気の症状としては代表的なものになります。
単に腹痛といってもその症状は様々で、胃腸の病気であってもいろんな腹痛の種類があります。
腹痛の際のポイントとしては、『お腹のどこが痛いのか?あるいは、場所が自覚できない腹痛なのか?』、『急激な腹痛か?』、『食事の前後で変化はあるか?』、『継続的な腹痛か、断続的な腹痛か?』、などが挙げられます。




便秘


胃腸の病気という認識がない人も多いが、場合によっては深刻な健康被害につながるのできちんと対処しておく必要がある。便秘には種類があり、腸の運動異常が原因の『機能性便秘』、大腸ガンなどが原因の『器質性便秘』、病気に伴う形でおこる『症候性便秘』、薬が原因の『薬物性便秘』などに分類される。




腸閉塞


腸内の内容物が何らかの原因で通過できない状態になること。原因は複数あり、運動障害が原因のもの(機能性腸閉塞)、腸捻転や腸重積が原因のもの(絞束性腸閉塞)、大腸ガンや重度の便秘が原因のもの(閉塞性腸閉塞)がある。
その他の症状:便秘、嘔吐。




急性大腸炎


風邪や細菌が原因で腸に炎症が起る胃腸の病気。内服薬での治療となるが、程度によっては入院も。
その他の症状:腹痛、嘔吐、下痢、発熱。



ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状

胃腸の病気の症状

胃腸の病気〜腹痛、腹部不快感(膨満感など)その2

胃腸の病気の症状としては代表的なものになります。
単に腹痛といってもその症状は様々で、胃腸の病気であってもいろんな腹痛の種類があります。
腹痛の際のポイントとしては、『お腹のどこが痛いのか?あるいは、場所が自覚できない腹痛なのか?』、『急激な腹痛か?』、『食事の前後で変化はあるか?』、『継続的な腹痛か、断続的な腹痛か?』、などが挙げられます。


胃潰瘍


胃腸の病気の代表格。胃が、胃液により損傷を受け、くぼみ(潰瘍)ができる病気のこと。比較的多めの出血を伴うこともあり、吐血、下血などの症状が出る場合もあり、穴が開くまでの重症であれば手術対象となる。他の胃腸の病気同様に、ストレス、タバコ、アルコールが原因なので、日常生活で注意する必要がある。稀に鎮痛剤が原因のこともある。
その他の症状:血便、吐き気、吐血。




十二指腸潰瘍


十二指腸に潰瘍ができること。主に空腹時に腹痛が発生し、食事後に収まるという特徴がある。潰瘍の程度(穴が開く)によっては手術が必要。




胃ガン(胃がん・胃癌)


胃腸の病気としては誰もがすぐに思い浮かべる病気。ガンが胃の表面だけに発生している段階であれば早期ガンであり治癒率は大変高いが早期の段階では全く症状が出ないため、定期的な健康診断の受診が極めて重要。日常の予防策は、暴飲暴食を控え、こげた食品は食べないようにするなど。
その他の症状:食欲不振、体重減少、貧血。

ichop777 at 03:00 この記事をクリップ!
胃腸の病気 | 症状